メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本田圭佑主宰 アフリカのサッカー教室、5人がアカデミー入り

ウガンダでのサッカー教室で子供たちと笑顔を見せる二村さん(右端)、本松コーチ(中央後列)、坂本コーチ(左端)=2018年5月(ソルティーロ提供)

 サッカー元日本代表のMF本田圭佑選手(32)=メルボルン・ビクトリー=が手掛けるアフリカでの無料サッカー教室が今月で活動開始から丸1年となった。才能を見いだされ、育成された貧しい地区の子供たちの中から5人が、教室が提携する地元のアカデミー(育成機関)の入団テストに合格した。夢と希望を抱いた若い才能が巣立ち始めた。

この記事は有料記事です。

残り936文字(全文1094文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです