メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

吃音当事者の会「福岡言友会」が設立50年 中高生向け集いも開催

例会で吃音の悩みや学校、職場での出来事などを語り合う福岡言友会の(左から)天野会長、沼田さん、亀井さん=福岡市中央区で、2018年11月13日午後8時45分、青木絵美撮影

 話す時に言葉に詰まるなど滑らかな発語が難しい「吃音(きつおん)」の当事者らでつくる「福岡言友(げんゆう)会」が8日で設立50年を迎える。日常生活でコミュニケーションの壁に直面し孤立しがちな中、思い切り語り合える場は多くの当事者たちを支えた。最近は中高生向けの集いを開き、次世代が生きやすい社会作りにも取り組む。

 「吃音の悩みの深さを分かってくれる仲間がいて気持ちが楽になった」。11月中旬、大学生や会社員ら5人…

この記事は有料記事です。

残り810文字(全文1016文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  3. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  4. クルド人男性 仮放免取り消され、入管施設収容 「早期解放を」 日本人女性と結婚後、わずか2カ月 /埼玉
  5. チェック 「ハーフ」偏見ない? なおみフィーバー、議論活発 都合のいいとき「日本人」/「ガイジン」いじめ、差別も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです