メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外藤井七段、公式戦100勝達成

米軍機事故 2機接触し墜落、乗員5人が行方不明

「岩国フレンドシップデー2017」で米海兵隊のKC130(右)から模擬で空中給油を受けるFA18=2017年5月5日撮影(米軍サイトDVIDSから)

 6日午前1時40分ごろ、高知県・室戸岬の南南東約100キロの上空で、米海兵隊岩国基地(山口県岩国市)所属のFA18戦闘攻撃機とKC130空中給油機が接触し、海上に墜落した。防衛省によると、乗員計7人のうち、1人は午前5時45分ごろに海上自衛隊のヘリコプターに救助された。午後0時15分ごろ、さらに1人が収容されたが、容体は不明。残る5人の行方は分かっておらず、米軍や自衛隊、海上保安部が捜索している。

米軍機同士が接触し墜落した海域付近で捜索活動をする海上保安庁の巡視船=高知県の室戸岬南東約100キロ沖で2018年12月6日午前11時8分、本社機「希望」から大西達也撮影

 米海兵隊や防衛省によると、両機は岩国基地を離陸し、訓練をしている最中だったという。夜間の空中給油訓練中に接触した可能性がある。FA18には2人、KC130には5人が乗っていた。最初に救助された1人はFA18の乗員で容体は安定している。

 岩屋毅防衛相は6日、国会内で記者団に「米側に対し情報の提供等を申し入れた。民間船舶等への影響の情報は入っていない。まずは捜索救助に全力を挙げたい」と話した。

 FA18は対地攻撃も可能な多用途戦闘機で、米海軍の空母艦載機としても使われている。先月12日には米海軍のFA18が那覇市の沖合で墜落し、乗員2人が救助されたばかり。2016年12月には高知県沖で海兵隊のFA18が墜落し、操縦士1人が死亡する事故もあった。【前谷宏】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  2. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  3. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査
  4. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
  5. ORICON NEWS 『本当に住みやすい街2019』大賞に赤羽 シニア編は大泉学園がグランプリ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです