メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜 豚コレラ、殺処分完了 埋却作業を継続

 岐阜県畜産研究所(同県美濃加茂市前平町)で3例目となる豚への豚(とん)コレラ感染が確認された問題で、岐阜県は6日未明、飼育していた約500頭の殺処分を終えた。引き続き敷地内への埋却作業を進めている。

     豚2頭の感染が確定した5日午前5時半以降、県は約2000人態勢で防疫作業に当たっている。親豚67頭、子豚436頭の計503頭の殺処分は6日午前0時20分ごろ完了、国の指針通り「24時間以内」に作業を終えた。埋却や消毒などを含めた防疫措置の完了は「72時間以内」とされているが、作業は順調に進んでおり、早ければ6日中に終わる見通しだという。

     豚コレラを巡っては、9月に岐阜市の養豚場で国内では26年ぶりの感染が判明。11月には岐阜市畜産センター公園で2例目の豚への感染が発生した。研究所は同市の養豚場から16・2キロ、公園から23キロ離れた場所で、同市以外での感染確認は初めて。野生イノシシ感染も5日までに66頭に上っており、歯止めが掛かっていない。【岡正勝】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
    2. ニセコイ 2年ぶり復活 新作読み切り「ジャンプ」掲載へ
    3. 紀平梨花、GPファイナル初優勝 デビューシーズンで制覇の快挙
    4. 東名あおり運転事故、連日審理 状況明らかに 10日求刑公判
    5. 重由美子さん死去 53歳 五輪ヨット女子470級で日本初メダル

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです