メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本に食用昆虫の自動販売機 「食糧問題に関心を」

食用昆虫の自動販売機の前に立つ友田さん。「最初は罰ゲーム感覚で買ってもらいたい」と語る=熊本市中央区で2018年11月6日午後1時36分、中里顕撮影

 バッタにコオロギ、ゲンゴロウ――。熊本市中央区の子飼(こかい)商店街近くに食用昆虫ばかりを提供する自動販売機が登場し話題になっている。同区の自営業、友田敏之さん(34)が「食糧問題に関心を持ってほしい」と通信販売されている食用昆虫を販売。昆虫は国連食糧農業機関(FAO)が将来の食糧危機を解決する栄養源と発表して世界的に注目されており、友田さんは「一度食べればおいしさが分かる」と力説する。

 自動販売機は、昆虫のイラストをあしらったおしゃれなデザインで、友田さんが経営するバルーン販売店の横に設置されている。販売されているのは、バッタの詰め合わせ▽幼虫の詰め合わせ▽乾燥ゲンゴロウ▽バッタのチョコレート包み▽コオロギのプロテインバー(抹茶味とチョコ味の2種類)――など。ほとんどを流通価格より安い1点600~1000円で販売しているためもうけはないが、食糧問題に興味を持ってもらうため求めや…

この記事は有料記事です。

残り636文字(全文1032文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです