メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本に食用昆虫の自動販売機 「食糧問題に関心を」

食用昆虫の自動販売機の前に立つ友田さん。「最初は罰ゲーム感覚で買ってもらいたい」と語る=熊本市中央区で2018年11月6日午後1時36分、中里顕撮影

 バッタにコオロギ、ゲンゴロウ――。熊本市中央区の子飼(こかい)商店街近くに食用昆虫ばかりを提供する自動販売機が登場し話題になっている。同区の自営業、友田敏之さん(34)が「食糧問題に関心を持ってほしい」と通信販売されている食用昆虫を販売。昆虫は国連食糧農業機関(FAO)が将来の食糧危機を解決する栄養源と発表して世界的に注目されており、友田さんは「一度食べればおいしさが分かる」と力説する。

     自動販売機は、昆虫のイラストをあしらったおしゃれなデザインで、友田さんが経営するバルーン販売店の横に設置されている。販売されているのは、バッタの詰め合わせ▽幼虫の詰め合わせ▽乾燥ゲンゴロウ▽バッタのチョコレート包み▽コオロギのプロテインバー(抹茶味とチョコ味の2種類)――など。ほとんどを流通価格より安い1点600~1000円で販売しているためもうけはないが、食糧問題に興味を持ってもらうため求めやすい価格設定にした。

     友田さんは20代で上京して東京でラッパーとして活動し、社会の格差など世の中の不条理を歌ってきた。しかし、メジャーデビューの夢破れて2012年に熊本に帰郷。生計を立てるため飾り付け用のバルーン販売を手がけて軌道に乗せた。

    自販機で販売している「バッタの詰め合わせ」。ナッツ感覚で楽しめる=熊本市中央区で2018年11月6日午後1時33分、中里顕撮影

     食糧問題に関心を抱いたのは、環境問題についてのテレビ番組を見たのがきっかけ。世界の人口は現在の約76億人から約30年後には100億人に達するとされる。それに伴って森林伐採や生態系の破壊が進み、世界は食糧危機に陥る恐れが指摘されている。その解決策として昆虫食が提唱されていると知ってラッパーの血が騒いだ。

     「これは世に訴えなければ」。いずれ食糧危機が訪れるかもしれないのに、国内では毎年3000万トン近くが食べ残しなどで廃棄されている。「飽食ニッポン」に警鐘を鳴らすために思いついたのが、食用昆虫の自動販売機の設置だった。

     昆虫は栄養価が高く、養殖するのに牛や豚ほど土地や飼料を必要としないため環境への影響も少ない。国内でも流通しており、友田さんは業者からあらゆる昆虫を仕入れて自動販売機で提供している。話題を聞きつけて県外から買いに来る“物好き”もいて売り切れる昆虫もあるという。

     実は友田さんは大の虫嫌い。見るのも嫌でゴキブリが出た時などは妻に頼りきりだが、売る前には自分でも食べてみたという。「うまかった。乾燥コオロギは干しエビのような……」。食糧問題をテーマにかつてのラップではなく昆虫販売で世の中に問題提起する。【中里顕】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
    2. ニセコイ 2年ぶり復活 新作読み切り「ジャンプ」掲載へ
    3. 紀平梨花、GPファイナル初優勝 デビューシーズンで制覇の快挙
    4. 東名あおり運転事故、連日審理 状況明らかに 10日求刑公判
    5. 重由美子さん死去 53歳 五輪ヨット女子470級で日本初メダル

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです