メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

来年は亥年 置物作り最盛期 高山・一位一刀彫

一体ずつ丁寧に彫られている来年の干支にちなんだイノシシの一位一刀彫=岐阜県高山市初田町の鈴木彫刻店で、大竹禎之撮影

 岐阜県高山市初田町の鈴木彫刻店で、飛騨地方を代表する伝統工芸「一位一刀彫(いちいいっとうぼり)」による来年の干支(えと)の「亥(い)」にちなんだ、イノシシの置物づくりが最盛期を迎えている。工房では、店主の鈴木英之さん(65)と息子の雄大さん(29)が一心不乱にノミを振るい、1体ずつ丁寧に彫り上げている。

 一位一刀彫は、イチイの木目を生かし、彫り跡を残すのが特徴。彫刻の大きさにより30~40種類のノミを使い分け、手作業で彫り上げる。同じ作者の作品でも、少しずつ表情に違いがあり、毎年訪れて買い求めるお客さんも多い。時間をかけて一つずつ表情を見比べ、お気に入りの1体を選んでいくという。

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文510文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  3. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです