工事の影響で水枯れ 田植え断念も 九州新幹線長崎ルート

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新幹線トンネル工事の影響で川の水が減り、田植えができなかった長崎県諫早市多良見町井樋ノ尾地区=2018年12月5日、足立旬子撮影
新幹線トンネル工事の影響で川の水が減り、田植えができなかった長崎県諫早市多良見町井樋ノ尾地区=2018年12月5日、足立旬子撮影

 九州新幹線長崎ルートのトンネル建設工事で周辺河川の水量が減少し、長崎県諫早市で農家の田植えができないなど影響が出ている。工事を請け負う鉄道・運輸機構は、代わりの水源として新たに井戸を掘削しているが、十分な水は確保できておらず、農家の人たちは先行きに不安を訴えている。【足立旬子】

 「江戸時代から代々耕作してきたのに、今年初めてコメを買わなければならなかった。毎年この時期は親戚に贈っていたのに」。諫早市多良見町井樋ノ尾(いびのお)地区でコメを栽培してきた農家、草野敏さん(65)はこぼす。田に引いていた河川の水量が減り今季の作付けを断念したためだ。自宅前に広がる約3000平方メートルの棚田に、例年なら残る稲の切り株はない。

 井樋ノ尾地区は、江戸時代の長崎街道沿いにある山あいの集落。豊富な湧水(ゆうすい)で知られ、武家が休んだ茶屋や休憩地などの史跡がある。その水を利用して、農家が昔からコメを収穫してきた。ところが2月、地区の住民が井樋ノ尾川の流量が大幅に減っているのに気付いた。

この記事は有料記事です。

残り610文字(全文1052文字)

あわせて読みたい

ニュース特集