メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

織田作之助賞は 井上荒野さんの「その話は今日はやめておきましょう」

 第35回織田作之助賞の選考会が6日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社で開かれ、井上荒野(あれの)さん(57)の「その話は今日はやめておきましょう」(毎日新聞出版)が選ばれた。

 受賞作は、72歳と69歳の老夫婦の前に、26歳の青年が現れることで、老いの生活に少しずつ揺らぎが生じてくる。夫婦の内面、社会の底辺で生きる青年の心の動きが丁寧に描かれる。

 井上さんは、1989年に作家デビュー。2008年、「切羽(きりは)へ」で直木賞を受賞した。今作は、…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文532文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京王線、小田急多摩線が一時運転見合わせ 沿線で火災
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  4. 京アニ火災 33人の死亡確認 平成以降最悪 第1スタジオ、18日朝はセキュリティー解除
  5. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです