メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

織田作之助賞は 井上荒野さんの「その話は今日はやめておきましょう」

 第35回織田作之助賞の選考会が6日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社で開かれ、井上荒野(あれの)さん(57)の「その話は今日はやめておきましょう」(毎日新聞出版)が選ばれた。

 受賞作は、72歳と69歳の老夫婦の前に、26歳の青年が現れることで、老いの生活に少しずつ揺らぎが生じてくる。夫婦の内面、社会の底辺で生きる青年の心の動きが丁寧に描かれる。

 井上さんは、1989年に作家デビュー。2008年、「切羽(きりは)へ」で直木賞を受賞した。今作は、毎日新聞日曜版に掲載(16年3月~17年1月)された自身初の新聞連載小説。

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文532文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 手話で受け付け 病院予約を代行 藤岡市、ビデオ通話 /群馬

  3. はや2くんの大航海 HAYABUSA2応援ページ はやぶさ2帰還をスマホで体感 大気圏に進入「火球」観測アプリを公開 JAXA

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 政府、皇籍離脱の女性皇族に「皇女」の尊称検討 公務への協力委嘱

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです