メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

織田作之助賞は 井上荒野さんの「その話は今日はやめておきましょう」

 第35回織田作之助賞の選考会が6日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社で開かれ、井上荒野(あれの)さん(57)の「その話は今日はやめておきましょう」(毎日新聞出版)が選ばれた。

 受賞作は、72歳と69歳の老夫婦の前に、26歳の青年が現れることで、老いの生活に少しずつ揺らぎが生じてくる。夫婦の内面、社会の底辺で生きる青年の心の動きが丁寧に描かれる。

 井上さんは、1989年に作家デビュー。2008年、「切羽(きりは)へ」で直木賞を受賞した。今作は、…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  2. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  3. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  4. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです