メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

織田作之助賞は 井上荒野さんの「その話は今日はやめておきましょう」

 第35回織田作之助賞の選考会が6日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社で開かれ、井上荒野(あれの)さん(57)の「その話は今日はやめておきましょう」(毎日新聞出版)が選ばれた。

 受賞作は、72歳と69歳の老夫婦の前に、26歳の青年が現れることで、老いの生活に少しずつ揺らぎが生じてくる。夫婦の内面、社会の底辺で生きる青年の心の動きが丁寧に描かれる。

 井上さんは、1989年に作家デビュー。2008年、「切羽(きりは)へ」で直木賞を受賞した。今作は、毎日新聞日曜版に掲載(16年3月~17年1月)された自身初の新聞連載小説。

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文532文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. CAEBV 娘奪った病気知って 感染判明まで1年超 声優・松来さんの両親、難病指定訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです