メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「野球には草野球とプロ野球がある。サイエンスも、ぼくはプロをやりたい」 弟子が明かすノーベル賞の本庶教授語録

1990年、英ロンドンでの国際会議に参加した本庶佑さん(左)と松田文彦さん=松田さん提供

 ノーベル医学生理学賞を受賞する本庶佑(ほんじょたすく)・京都大特別教授(76)は10日(日本時間11日未明)、スウェーデン・ストックホルムで授賞式と恒例の晩さん会に臨む。最古参の弟子の一人で、本庶さんを「父のような存在」と慕う松田文彦・京大ゲノム医学センター長(58)は、時に厳しい口調で研究チームを率いた本庶さんの言葉を今も胸に刻んでいる。

 松田さんは1983年、京大理学部で数学を学んだ後、大阪大大学院医学研究科へ進んだ。同級生に勧められ…

この記事は有料記事です。

残り745文字(全文967文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです