メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

坊っちゃん文学賞 小説部門廃止しショートショートのみに 過去の大賞に「がんばっていきまっしょい」

 新人作家の登竜門「坊っちゃん文学賞」について松山市は6日、来年度から小説部門をとりやめ、対象を短編の「ショートショート」のみとすると発表した。受賞作の発表はこれまでの隔年から毎年に変える。

     同文学賞は1988年に創設。第4回大賞の「がんばっていきまっしょい」(敷村良子さん作)は映画やテレビドラマになった。審査員の一人で作家の早坂暁さんが昨年12月に死去したことなどを受け、市は「節目を迎えた」として今年の作品募集を休止していた。【木島諒子】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
    2. ニセコイ 2年ぶり復活 新作読み切り「ジャンプ」掲載へ
    3. 紀平梨花、GPファイナル初優勝 デビューシーズンで制覇の快挙
    4. 東名あおり運転事故、連日審理 状況明らかに 10日求刑公判
    5. 津のGSで灯油にガソリン混入 消防が注意呼びかけ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです