メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介護職員が大量退職した特別養護老人ホーム 入居者24人を別施設に移送

 福岡県行橋市の社会福祉法人「友愛会」が運営する特別養護老人ホームなど2施設で介護職員が大量退職した問題で、市は6日、2施設に現在入居する計24人全員を友愛会が市内外の別施設に移送すると発表した。市も10日以内の移送完了を目指して協力する。

     2施設は、特別養護老人ホーム「今川河童苑」(定員29人)と、介護付き有料老人ホーム「いまがわ秋桜ガーデン」(同29人)。経営難による給与の未払いで11月、常勤介護職員10人中7人が退職し、市が介護保険法に基づいて法人に職員の早期補充を勧告していた。

     市によると、6日に友愛会から入居者移転の協力要請書が市に届いた。市は現時点で移転先として市内外の特養など18施設44床を準備しており、既に11人の家族から個別相談を受けているという。

     友愛会は市の公募で選定され、2014年9月に社会福祉法人として認可された。市は「来年1月中旬にも解散命令を出す方向で検討する」としている。【川上敏文】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ペイペイ、「100億円あげちゃうキャンペーン」を13日で終了
    2. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
    3. 客や取引先から過剰なクレーム…広がる「カスタマーハラスメント」
    4. QRコード決済 ソフトバンク系ペイペイ、「奪首」へ100億円還元 競争激化
    5. はやぶさ2 リュウグウの新画像公開 小型探査ロボが撮影

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです