メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

応仁の乱で途絶えた「北野祭礼」記録、15世紀前半の文書見つかる 北野天満宮

現存する北野社図屏風の中で最古級とされ、初公開された「北野社頭図屏風」(一部)=京都市上京区で2018年12月6日、望月亮一撮影

 北野天満宮(京都市上京区)は6日、室町時代に応仁の乱で大部分が途絶えた「北野祭礼」を記録した15世紀前半の文書「御祭礼之事書(おんさいれいのことがき)」など新史料が見つかったと発表した。

     北野祭礼は天皇の使者が派遣される「勅祭」で、行列などがあったとされる。現在は一部の神事のみが伝わり、謎が多い。

     御祭礼之事書は京都市内の古書店で昨年12月、京都文化博物館の西山剛学芸員が発見。祭礼に伴う帳簿で、表紙に応仁の乱以前の「応永11(1404)年より」と年号があり、社務を担った「目代家」という名前があった。祭礼を巡る「御幣役」「伝馬役」といった役職や、周辺地域から米を徴収したことも記載。西山学芸員は「史実をひもとく上で重要」と指摘している。

     この他、昨年に同市内の古美術商の元で確認された「北野社頭図屏風(きたのしゃとうずびょうぶ)」(縦81センチ、横237センチ)は慶長年間(1596~1615年)の作とみられる。同天満宮の境内を描いた最古級の図びょうぶで、社殿や境内の松林などが描かれている。

     新史料は来年2月23日~4月14日、同博物館である特別展で初公開される予定。【中津川甫】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ペイペイ、「100億円あげちゃうキャンペーン」を13日で終了
    2. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
    3. 客や取引先から過剰なクレーム…広がる「カスタマーハラスメント」
    4. QRコード決済 ソフトバンク系ペイペイ、「奪首」へ100億円還元 競争激化
    5. はやぶさ2 リュウグウの新画像公開 小型探査ロボが撮影

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです