メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

3人死亡のタンク事故 技術顧問の男性を書類送検 石川県の製紙会社

 石川県白山市の製紙会社「中川製紙」で今年6月、工場のタンク内で従業員3人が死亡した事故で、県警は6日、現場の安全管理責任者で同社技術顧問の男性(68)を業務上過失致死容疑で金沢地検に書類送検した。金沢労働基準監督署も同日、同社と技術顧問を労働安全衛生法違反容疑で書類送検した。

     事故は6月6日午前3時半ごろに発生。県警によると、古紙に希硫酸などを混ぜる円筒形のタンク(深さ約5メートル)内で、異物を取り除こうとした従業員の男性(57)が倒れ、助けようとした49歳と27歳の男性も巻き込まれた。死因は高濃度の硫化水素による急性中毒だった。

     送検容疑は、技術顧問は有毒ガスの発生を予測できたのに現場に立ち会わず、ガス濃度の計測やマスク着用の指示などを怠り、3人を死亡させたとしている。【岩壁峻】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
    2. ニセコイ 2年ぶり復活 新作読み切り「ジャンプ」掲載へ
    3. 紀平梨花、GPファイナル初優勝 デビューシーズンで制覇の快挙
    4. 東名あおり運転事故、連日審理 状況明らかに 10日求刑公判
    5. 重由美子さん死去 53歳 五輪ヨット女子470級で日本初メダル

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです