メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サーロー節子さん「自分と違う意見の人に語るのが本当のリーダー」 

記者会見に臨むサーロー節子さん=東京都新宿区のピースボートセンターとうきょうで2018年12月6日午後5時38分、宮間俊樹撮影

 昨年「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」のノーベル平和賞授賞式で演説したカナダ在住の被爆者、サーロー節子さん(86)が6日、東京都内で記者会見した。核兵器禁止条約の批准を求め、「一人一人が政府にプレッシャーをかけ、日本の批准に向けて働きかけてほしい」と呼びかけた。

 サーローさんは、「核兵器国と非核兵器国の橋渡しをする」という日本政府の…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米子東の選手がベンチ入りせず
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  4. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ
  5. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです