サーロー節子さん「自分と違う意見の人に語るのが本当のリーダー」 

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見に臨むサーロー節子さん=東京都新宿区のピースボートセンターとうきょうで2018年12月6日午後5時38分、宮間俊樹撮影
記者会見に臨むサーロー節子さん=東京都新宿区のピースボートセンターとうきょうで2018年12月6日午後5時38分、宮間俊樹撮影

 昨年「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」のノーベル平和賞授賞式で演説したカナダ在住の被爆者、サーロー節子さん(86)が6日、東京都内で記者会見した。核兵器禁止条約の批准を求め、「一人一人が政府にプレッシャーをかけ、日本の批准に向けて働きかけてほしい」と呼びかけた。

 サーローさんは、「核兵器国と非核兵器国の橋渡しをする」という日本政府の…

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文431文字)

あわせて読みたい

注目の特集