メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜県畜産研究所の豚コレラ、知事が県施設での発生を農相に謝罪

防疫作業に当たる関係者=2018年12月6日、岐阜県提供

 岐阜県畜産研究所(同県美濃加茂市)で豚への豚(とん)コレラ感染が確認された問題で、11月16日以降、食欲不振の豚2頭が確認されていたことが県への取材で判明した。県は6日、研究所の飼育豚503頭の殺処分を終え、埋設や豚舎消毒の防疫措置を進めた。

     研究所職員が3日、食欲不振など体調不良の豚4頭を確認し、うち2頭の感染が国の精密検査で確定した。県によると、11月16日以降に食欲不振が確認されていたのは残り2頭で、この2頭も感染していた可能性がある。

     岐阜県の古田肇知事は6日、農林水産省で吉川貴盛農相らと面談した。県によると、吉川農相は「深刻で重要な問題。感染原因の究明と今後の対策について国と県で一緒に対応したい」と述べた。古田知事は県施設での豚コレラ発生を謝罪し、「引き続き国と連携して対応したい」と協力を求めた。

     9月に岐阜市の養豚場で国内26年ぶりの感染が判明し、11月に岐阜市畜産センター公園で2例目が発生した。研究所は岐阜市の養豚場から16・2キロ、公園から23キロ離れた場所で、岐阜市外での感染確認は初めて。野生イノシシ感染も5日までに66頭に上り、感染拡大に歯止めが掛かっていない。【岡正勝】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
    2. ニセコイ 2年ぶり復活 新作読み切り「ジャンプ」掲載へ
    3. 紀平梨花、GPファイナル初優勝 デビューシーズンで制覇の快挙
    4. 東名あおり運転事故、連日審理 状況明らかに 10日求刑公判
    5. 重由美子さん死去 53歳 五輪ヨット女子470級で日本初メダル

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです