メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞 本庶教授が会見「2050年までにほとんどのがんが免疫療法で治療」

カロリンスカ研究所での公式記者会見で笑顔を見せる、ノーベル医学生理学賞に決まった本庶佑・京都大特別教授=ストックホルムで6日、共同

 ノーベル医学生理学賞に決まった本庶佑(ほんじょたすく)・京都大特別教授が6日午後(日本時間6日夜)、ストックホルムのカロリンスカ研究所での公式記者会見で「2050年までにはほとんどのがんが免疫療法で治療できるようになる」と展望を語った。

 会見には共同受賞者のジェームズ・アリソン米テキサス大教授も同席。2人がそれぞれ開発に関わったがん治療薬の併用などで効果が上がることを紹介。免疫療法が…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文487文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペイペイ、「100億円あげちゃうキャンペーン」を13日で終了
  2. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  3. 客や取引先から過剰なクレーム…広がる「カスタマーハラスメント」
  4. QRコード決済 ソフトバンク系ペイペイ、「奪首」へ100億円還元 競争激化
  5. はやぶさ2 リュウグウの新画像公開 小型探査ロボが撮影

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです