メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

暴行被害の付け人、貴ノ岩説明と「全部一緒です」

 大相撲の前頭・貴ノ岩(28)=千賀ノ浦部屋=による付け人の力士(23)への暴行で、日本相撲協会は6日、危機管理委員会の高野利雄委員長(元名古屋高検検事長)らが被害者の付け人から事情を聴いた。5日には貴ノ岩が同協会の聴取に対し顔を平手と拳で4、5回殴ったことを認めたが、付け人はこの日の聴取後、同協会へ説明した内容は貴ノ岩の説明と「全部一緒です」と述べた。

     一方、師匠の千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)は同日、取材に応じ、同協会から「厳しく監督するよう求められた」と話した。当面は東京都台東区の千賀ノ浦部屋で貴ノ岩を生活させるという。同日夜には貴ノ岩が都内の自宅から部屋へと移った。【飯山太郎】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
    2. ニセコイ 2年ぶり復活 新作読み切り「ジャンプ」掲載へ
    3. 紀平梨花、GPファイナル初優勝 デビューシーズンで制覇の快挙
    4. 東名あおり運転事故、連日審理 状況明らかに 10日求刑公判
    5. 重由美子さん死去 53歳 五輪ヨット女子470級で日本初メダル

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです