メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者のこだわり

フェイク投稿 見えない敵を追う弁護士

ネット上に自分が逮捕されたという身に覚えのない投稿を見つけたら……(写真はイメージ)

でたらめの「記事」

 「またか」

 今年7月、東京都内に法律事務所を構える田中一哉弁護士(49)は、パソコンの画面に映し出された掲示板の投稿にうんざりした。

 「遅刻した部下に熱湯 暴行…弁護士 田中一哉 逮捕」

 見出しと共に新聞記事のように書かれた投稿が続く。田中弁護士が熱湯を部下の男性にかけ、全治3週間のけがをさせて逮捕された、との内容だった。もちろん、全てでたらめだ。

 この時点で投稿した人物は誰か分からないが、ネットに接続されたパソコンなどの端末には個別の識別番号(IPアドレス)が割り振られている。田中弁護士は、すぐに投稿者の特定に向けて動いた。掲示板の管理者にメールで連絡し、投稿に使われたIPアドレスを入手。すると、書き込みは都内の私立大のネットワークを経由していたことが分かった。大学は投稿した人物の情報を持っている可能性がある。次は裁判だ。大学側に投稿のI…

この記事は有料記事です。

残り2162文字(全文2547文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです