メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者のこだわり

フェイク投稿 見えない敵を追う弁護士

ネット上に自分が逮捕されたという身に覚えのない投稿を見つけたら……(写真はイメージ)

でたらめの「記事」

 「またか」

 今年7月、東京都内に法律事務所を構える田中一哉弁護士(49)は、パソコンの画面に映し出された掲示板の投稿にうんざりした。

 「遅刻した部下に熱湯 暴行…弁護士 田中一哉 逮捕」

 見出しと共に新聞記事のように書かれた投稿が続く。田中弁護士が熱湯を部下の男性にかけ、全治3週間のけがをさせて逮捕された、との内容だった。もちろん、全てでたらめだ。

 この時点で投稿した人物は誰か分からないが、ネットに接続されたパソコンなどの端末には個別の識別番号(…

この記事は有料記事です。

残り2312文字(全文2547文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. ことば AYA世代

  4. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

  5. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです