メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者のこだわり

フェイク投稿 見えない敵を追う弁護士

ネット上に自分が逮捕されたという身に覚えのない投稿を見つけたら……(写真はイメージ)

 「またか」

 今年7月、東京都内に法律事務所を構える田中一哉弁護士(49)は、パソコンの画面に映し出された掲示板の投稿にうんざりした。

 「遅刻した部下に熱湯 暴行…弁護士 田中一哉 逮捕」

 見出しと共に新聞記事のように書かれた投稿が続く。田中弁護士が熱湯を部下の男性にかけ、全治3週間のけがをさせて逮捕された、との内容だった。もちろん、全てでたらめだ。

 この時点で投稿した人物は誰か分からないが、ネットに接続されたパソコンなどの端末には個別の識別番号(IPアドレス)が割り振られている。田中弁護士は、すぐに投稿者の特定に向けて動いた。掲示板の管理者にメールで連絡し、投稿に使われたIPアドレスを入手。すると、書き込みは都内の私立大のネットワークを経由していたことが分かった。大学は投稿した人物の情報を持っている可能性がある。次は裁判だ。大学側に投稿のI…

この記事は有料記事です。

残り2171文字(全文2547文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  4. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

  5. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです