メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新芸」とその時代

(53)新芸と日本の音楽家Ⅳ 大橋国一

舞台映えのする容姿でファンを魅了した大橋

ヨーロッパの第一線で活躍

 ドン・ジョバンニ、フィガロ、ザラストロ、エスカミリオなどの役を得意とし、1960~70年代前半の日本のオペラ界を牽引(けんいん)した歌手、大橋国一(31~74年)。ヨーロッパの歌劇場と専属契約を結んだ最初の日本人歌手で、新芸術家協会(新芸)に所属した、ただ一人の日本人声楽家である。

 ヨーロッパの歌劇場と日本人の専属契約はまず不可能とされていた時代に、61年のザルツブルク州立歌劇場…

この記事は有料記事です。

残り2516文字(全文2722文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 体育館トイレ個室の壁が倒壊 女性下敷きで重傷 香川
  4. AAA浦田容疑者逮捕 所属事務所が公式HPで謝罪
  5. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです