メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新芸」とその時代

(53)新芸と日本の音楽家Ⅳ 大橋国一

舞台映えのする容姿でファンを魅了した大橋

ヨーロッパの第一線で活躍

 ドン・ジョバンニ、フィガロ、ザラストロ、エスカミリオなどの役を得意とし、1960~70年代前半の日本のオペラ界を牽引(けんいん)した歌手、大橋国一(31~74年)。ヨーロッパの歌劇場と専属契約を結んだ最初の日本人歌手で、新芸術家協会(新芸)に所属した、ただ一人の日本人声楽家である。

 ヨーロッパの歌劇場と日本人の専属契約はまず不可能とされていた時代に、61年のザルツブルク州立歌劇場…

この記事は有料記事です。

残り2516文字(全文2722文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 行政ファイル 金沢の飲食店で食中毒 /石川

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. なるか埼玉の新名物 蕨市の「わらび餅」 完成まで2年、こだわりの新食感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです