メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

レゴ、ロヒンギャやシリア難民の子供に教育玩具提供へ

 12月5日、デンマークの玩具大手レゴが設立した慈善財団が、ミャンマーのイスラム系少数民族ロヒンギャやシリア難民の子供らへ教育玩具を贈ることになった。英国のレゴランドで5月10日撮影(2018年 ロイター/Peter Nicholls)

 [コペンハーゲン 5日 ロイター] - デンマークの玩具大手レゴが設立した慈善財団が、ミャンマーのイスラム系少数民族ロヒンギャやシリア難民の子供らへ教育玩具を贈ることになった。米子供向け教育番組「セサミストリート」に関連する非政府組織(NGO)に、1億ドル(約113億円)を拠出する。

     「レゴ基金」は5日、セサミストリートのキャラクターが載った物語の本、ゲーム、ビデオ、パズルなどを贈ると説明。同基金のジョン・グッドウィン最高経営責任者(CEO)は「危機に直面している子供らに教育玩具を提供することで、住むところを追われたことによる長期的な悪影響やトラウマの弊害を抑えることができる」と述べた。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
    2. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
    3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
    4. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
    5. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです