メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

栃木・塩谷町 福島第1原発事故時18歳以下に甲状腺検査 国の「安全」、納得できず

甲状腺検査について説明する栃木県塩谷町の星育男さん(左)=宇都宮市峰町の宇都宮大で2018年10月14日、沢田石洋史撮影

 東京電力福島第1原発事故後、住民の健康対策を独自に進めている自治体がある。福島県に隣接する栃木県の塩谷町。原発事故で降り注いだ放射性物質の影響の有無を懸念して、町は2016年度から、事故当時18歳以下の町民を対象に甲状腺検査を行っている。ただ、この取り組みはあまり知られていない。なぜ検査を始めたのだろうか。【沢田石洋史】

 まず、原発事故と甲状腺検査を巡る議論の経緯を振り返りたい。

この記事は有料記事です。

残り3555文字(全文3747文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 敷きっぱなしの布団に雑魚寝 同じ皿を回し食事 結核発症の実習生
  3. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  4. 蒼井優さんが追突事故
  5. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです