メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

栃木・塩谷町 福島第1原発事故時18歳以下に甲状腺検査 国の「安全」、納得できず

甲状腺検査について説明する栃木県塩谷町の星育男さん(左)=宇都宮市峰町の宇都宮大で2018年10月14日、沢田石洋史撮影

 東京電力福島第1原発事故後、住民の健康対策を独自に進めている自治体がある。福島県に隣接する栃木県の塩谷町。原発事故で降り注いだ放射性物質の影響の有無を懸念して、町は2016年度から、事故当時18歳以下の町民を対象に甲状腺検査を行っている。ただ、この取り組みはあまり知られていない。なぜ検査を始めたのだろうか。【沢田石洋史】

 まず、原発事故と甲状腺検査を巡る議論の経緯を振り返りたい。

この記事は有料記事です。

残り3555文字(全文3747文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  2. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです