メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 19世紀末の帝政ロシアで、次期皇位継承者のニコライ2世(ラース・アイディンガー)は、美しきバレリーナ、マチルダ(ミハリナ・オルシャンスカ)と恋に落ちる。2人はひかれあうが、ニコライにはアリックスという婚約者がいた。ニコライは皇帝の座と真実の恋のはざまで揺れ動く。

 ロシア公開時に、ロシア正教会の信徒や過激派が上映中止運動や放火事件を起こすなどしたが、本国だけで210万人が見た話題作。お話は古典的な純愛ものだが、宮殿やバレエシーンの豪華さなど久しぶりにロシア映画の底…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文585文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  3. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  4. 札幌爆発 周辺住民、不安の夜 150メートル先ガラスも割れ
  5. 電気製品 つなげすぎると火災の危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです