メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 19世紀末の帝政ロシアで、次期皇位継承者のニコライ2世(ラース・アイディンガー)は、美しきバレリーナ、マチルダ(ミハリナ・オルシャンスカ)と恋に落ちる。2人はひかれあうが、ニコライにはアリックスという婚約者がいた。ニコライは皇帝の座と真実の恋のはざまで揺れ動く。

 ロシア公開時に、ロシア正教会の信徒や過激派が上映中止運動や放火事件を起こすなどしたが、本国だけで210万人が見た話題作。お話は古典的な純愛ものだが、宮殿やバレエシーンの豪華さなど久しぶりにロシア映画の底…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア
  3. 安定感増したチェン、2連覇 羽生演技にも動ぜず 世界フィギュア
  4. 宇野、覚悟のフリーも170点台 不完全燃焼
  5. 「跳ぶ使命感」 勝負師・羽生、思い込めた4分間 世界フィギュア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです