メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

お飾り作り

幸せを願い 宮古で最盛期 /岩手

 師走に入り、宮古市では正月の神棚を飾る「お飾り」作りが最盛期を迎えている。「お飾りはまだか」と、新年を待ちきれないお客さんからの注文がうれしい。

 お飾りは横に長い和紙に七福神や宝船などを色鮮やかに描いて神棚に飾り、家内安全、商売繁盛、大漁などを願って新年を迎える宮古地方の風習。同市熊野町の松下信子さん(82)もお飾り作りに取…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文410文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  3. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  4. 住まいの貧困に取り組む元厚労事務次官の村木厚子さん 拘置所体験から見えた「根っこ」とは

  5. ORICON NEWS のん、片渕須直監督の“脅し”に戦々恐々「気合い入れてね、と…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです