メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと東北・母校をたずねる

宮城県古川高/1 「質実剛健」人生の礎に 東北大大学院教授・伊藤貞嘉さん /宮城

伊藤貞嘉さん=1971年度卒

 「母校をたずねる」は今月から、宮城県古川高校(大崎市古川南町)を連載します。「古高(ふるこう)」が愛称の伝統校で、今年創立121年です。同窓会長の東北大大学院医学系研究科内科病態学講座腎・高血圧・内分泌学分野教授、伊藤貞嘉さん(64)=1971年度卒=は「質実剛健」の校風が人生の礎となったと振り返ります。【山田研】

 古高は心の古里というか、人生の出発点です。「質実剛健」が校訓で、「バンカラ」の校風がとても好きです…

この記事は有料記事です。

残り1968文字(全文2191文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  2. アクセル決めた!紀平、笑顔のフィニッシュで220点台
  3. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. チチロー「いつか来る日が来てしまった」 孤高の天才支えた父や妻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです