メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 中間貯蔵の情報発信 来春、大熊にセンター開設 /福島

 環境省は、福島第1原発事故に伴い県内の除染で出た汚染土壌などを保管する中間貯蔵施設(大熊、双葉町)の工事の進捗(しんちょく)や事業の全体像を一般向けに伝える「中間貯蔵工事情報センター」を来年春までに大熊町にオープンさせる。6日にそれぞれ開かれた両町の町議会全員協議会で概要を示した。

 大熊町小入野の国道6号沿いの店舗だった…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文399文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 社説 天皇陛下の沖縄訪問 寄せ続けた深いお気持ち

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです