連載

成田空港開港40年

毎日新聞デジタルの「成田空港開港40年」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

成田空港開港40年

LCC空を変える/2 地方空港、利用者増 経済波及効果に期待 /千葉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 遠く離れた恋人たちの距離を格安航空会社(LCC)が縮め、男性が飛行機の中でサプライズプロポーズし、結婚した。

 佐賀県嬉野市の太田政信さん(30)は2016年1月、婚活ツアーで知り合った東京都品川区に住んでいた悦子さん(39)に求婚した。遠距離恋愛中、春秋航空日本の成田-佐賀線を利用した。政信さんが機内で、「未来を一緒に作っていきましょう」と指輪を差し出すと、悦子さんは「お願いします」と答えた。二人は今、佐賀県で暮らす。悦子さんは「LCCが飛んでいたので二人は結婚できた。田舎暮らしに不安はあったけれど、落ち着いて生活できる。時折、LCCを利用し、都会に行って刺激を受けたり、実家のある兵庫県に帰省したりする。安くて便利なので、出かける回数は確実に増える。結婚前から自分たちを知る飛行機が今も応援してくれている」と言う。

 地方にとって、LCC就航による人的交流拡大への期待は大きい。高知県庁で9月、ジェットスター・ジャパンの成田-高知線と関西-高知線の12月就航を発表する記者会見があった。尾崎正直知事は「LCCに来てもらうのは悲願だった。県民の利便性向上やビジネス・観光振興にもつながる」と述べた。同社の片岡優社長は「高知の観光資源は魅力的で、新たな需要を創出できるのでは」と期待を口にした。大分県では、同社の成田-大…

この記事は有料記事です。

残り831文字(全文1393文字)

あわせて読みたい

注目の特集