メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外藤井七段、公式戦100勝達成
遊ナビ

美術 /東京

 ■人・ひと・人 人って面白い

     来年5月12日まで、10~17時半(12月29日は16時半まで)ホキ美術館(千葉市緑区・JR土気駅からバス)。現代の写実画家が描いた人物画を展示。野田弘志が、イスラエルのバイオリニスト、イヴリー・ギトリス(96)を描いた「崇高なるもの」OP・7を初公開している。見たままを描く写実絵画は、手軽に撮れるデジタル写真とは違った魅力で人気を集める。カメラで撮れば逆光で真っ黒になってしまう場面も、ピントがあった立体感のある人物を描き出し、極細の筆で細密な表現がなされている。休館日は火曜、12月30日~1月1日。一般1800円、高校・大学生と65歳以上1300円、中学生900円、小学生以下無料(大人1人につき小学生2人まで)。043・205・1500

     ■長谷川利行展

     24日まで、10~18時、足利市立美術館(栃木県足利市・東武足利市駅かJR足利駅)。放浪の画家、長谷川利行(1891~1940年)の作品展。東京・浅草などの簡易宿泊所を転々とし、鮮やかな色彩でバーやカフェのにぎわいや働く人々を描いた。近年再発見された「カフェ・パウリスタ」「水泳場」、新発見の大作「白い背景の人物」を含む約140点を紹介する。休館日は月曜(12月24日は開館)。一般700円、高校・大学生500円、中学生以下無料。0284・43・3131

     ■花魁(おいらん)ファッション

     20日まで、10時半~17時半、太田記念美術館(渋谷区・地下鉄明治神宮前駅かJR原宿駅)。江戸時代の遊郭だった吉原で、人々を魅了した花魁。さまざまな時代の浮世絵を通じ、遊女たちの華やかなファッションや日常生活を捉えた作品などを紹介。喜多川歌麿らの肉筆画も多数展示し、魅力に迫る。休館日は月曜。一般700円、高校・大学生500円、中学生以下無料。03・5777・8600(ハローダイヤル)。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
    2. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
    3. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
    4. 藤井七段、通算100勝 最年少・最速で達成
    5. 片山氏「100%開示」 収支報告訂正で 野党の追及に皮肉も

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです