メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紙芝居の日

きょう記念イベント 三鷹・文化の会 /東京

 児童文学の編集者や作家らによる「紙芝居文化の会」(三鷹市)は今年、同会が創設された12月7日を「世界KAMISHIBAIの日」と定め、紙芝居の新たな普及活動を展開する。日本発祥の紙芝居を通して「平和と共感の心を広げよう」と呼びかけている。

 紙芝居は1930年ごろ、東京の下町で街頭紙芝居として誕生した。戦時中は軍国主義の宣伝などにも利用されたが、その反省から戦後は教育的な紙芝居が児童書出版社などに引き継がれていった。

 同会は、紙芝居の愛好家や演じる人たちの研究、交流の場として、絵本作家の故まついのりこさんら有志が2…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文573文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  2. 日産3社連合 不当干渉あればルノー株… 鍵握る基本協定
  3. スプレー缶「ガス抜きせず」廃棄呼びかけ 事業系に求められる「ガス抜き」
  4. 日産、ルノーがトップ会談か オランダで
  5. 札幌爆発 パニックの中、床抜け落ち助かる 間一髪の様子を客らが証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです