メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身じまい自習室

/17 横須賀市の終活登録 親友に伝える「私の死」 /東京

終活登録カードには自分の「希望」を細かく記入する=横須賀市で

 神奈川県横須賀市が5月から始めている終活情報登録伝達事業(通称「わたしの終活登録」)。関係者にかかりつけ医師や緊急連絡先を伝え、死後は遺言書やエンディングノートの保管場所などの情報を市役所に預けておく仕組みだ。全国の自治体から視察が相次いでいると聞いていたが、11月に登録者が亡くなった。事業ができて初めてのケースだという。

 80代の男性Aさんは、妻を亡くしてひとり暮らし。ベッドの上で死んでいるのが発見された。机の上に、前…

この記事は有料記事です。

残り891文字(全文1104文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです