メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近畿市町村広報紙コンクール

王寺町「王伸」が優秀賞1席 「町民の反響 励みに」 /奈良

受賞を喜ぶ奈良県王寺町政策推進課政策広報係の村田大地さん=同町役場で、熊谷仁志撮影

 第31回近畿市町村広報紙コンクール(毎日新聞社・毎日文化センター主催)で6日、王寺町の広報おうじ「王伸」が優秀賞1席に決まった。県民だより奈良(県)と広報いこまち(生駒市)が優秀賞に、川西町と十津川村も奨励賞入りした。

 王寺町の「広報おうじ『王伸』」は初受賞で、最優秀賞に次ぐ賞に輝いた。審査では「人がたくさん登場し、広報紙のコンセプトを体現」「雑誌として立派な作り」「写真は撮影者の温かな視線が読み手にまで感じられる」と高く評価された。

 広報紙は「地域が舞台。人が主役」がコンセプトで、月2回約1万部を発行。毎月上旬の特集を含むフルカラ…

この記事は有料記事です。

残り1090文字(全文1360文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 京都市がホテル新規開業「お断り宣言」 オーバーツーリズム

  2. 東大大学院特任准教授が中国人差別ツイート 大学謝罪、企業は寄付停止表明も本人は反論

  3. 「いちごさん」親苗盗まれる 佐賀県の新ブランドイチゴ

  4. 大阪女児誘拐 容疑者は「せつじろう」 ハンドルネームでやりとり

  5. 野党のシュレッダー視察を内閣府拒否 「官房長の判断でだめと決まった」と押し切る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです