メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

再生エネの足かせ

 地球温暖化対策を話し合う国連の気候変動枠組み条約第24回締約国会議(COP24)が開幕した。温室効果ガス削減の切り札と期待される再生可能エネルギーだが、九州電力が今秋、電力の需給バランスを取るため太陽光発電を一時的に停止する「出力制御」を初実施し、物議を醸した。再生エネ普及の前に立ちはだかる壁は何か。

この記事は有料記事です。

残り4451文字(全文4603文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  2. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  3. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  4. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  5. デサント TOB「反対」1000人超署名 従業員の約3割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです