メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

再生エネの足かせ

 地球温暖化対策を話し合う国連の気候変動枠組み条約第24回締約国会議(COP24)が開幕した。温室効果ガス削減の切り札と期待される再生可能エネルギーだが、九州電力が今秋、電力の需給バランスを取るため太陽光発電を一時的に停止する「出力制御」を初実施し、物議を醸した。再生エネ普及の前に立ちはだかる壁は何か。

この記事は有料記事です。

残り4451文字(全文4603文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです