メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

「一帯一路」着々とPR 欧州・中南米歴訪で習氏 米けん制

 【北京・浦松丈二、河津啓介】中国の習近平国家主席が6日、スペイン、アルゼンチン、パナマ、ポルトガルの欧州・ラテンアメリカ4カ国歴訪を終え、帰国した。習氏は各国首脳との会談で、提唱する巨大経済圏構想「一帯一路」への支持を取り付け、保護主義に傾く米国をけん制した。

 習氏はアルゼンチンで11月30日と12月1日に開かれた主要20カ国・地域(G20)首脳会議に出席。会議は今年、米国の反対で昨年の宣言にある「保護主義と闘う」との文言を削除し、採択にこぎつけた。

 習氏は30日の演説で「(G20は)誰かの一存で決めてはならない」と米側にクギを刺したが、「保護主義…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. 第91回選抜高校野球 きょう開幕 父追い、聖地に一歩
  3. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  4. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  5. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです