メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

「一帯一路」着々とPR 欧州・中南米歴訪で習氏 米けん制

 【北京・浦松丈二、河津啓介】中国の習近平国家主席が6日、スペイン、アルゼンチン、パナマ、ポルトガルの欧州・ラテンアメリカ4カ国歴訪を終え、帰国した。習氏は各国首脳との会談で、提唱する巨大経済圏構想「一帯一路」への支持を取り付け、保護主義に傾く米国をけん制した。

 習氏はアルゼンチンで11月30日と12月1日に開かれた主要20カ国・地域(G20)首脳会議に出席。会議は今年、米国の反対で昨年の宣言にある「保護主義と闘う」との文言を削除し、採択にこぎつけた。

 習氏は30日の演説で「(G20は)誰かの一存で決めてはならない」と米側にクギを刺したが、「保護主義…

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文612文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  4. 徳勝龍の母、優勝は「ドクターイエローのおかげかも…」

  5. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです