メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
中国

「一帯一路」着々とPR 欧州・中南米歴訪で習氏 米けん制

 【北京・浦松丈二、河津啓介】中国の習近平国家主席が6日、スペイン、アルゼンチン、パナマ、ポルトガルの欧州・ラテンアメリカ4カ国歴訪を終え、帰国した。習氏は各国首脳との会談で、提唱する巨大経済圏構想「一帯一路」への支持を取り付け、保護主義に傾く米国をけん制した。

 習氏はアルゼンチンで11月30日と12月1日に開かれた主要20カ国・地域(G20)首脳会議に出席。会議は今年、米国の反対で昨年の宣言にある「保護主義と闘う」との文言を削除し、採択にこぎつけた。

 習氏は30日の演説で「(G20は)誰かの一存で決めてはならない」と米側にクギを刺したが、「保護主義…

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文612文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです