メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ファーウェイCFO

カナダ当局拘束 米中通商協議前に火種 米要請、中国は抗議

孟晩舟CFO=華為技術ホームページから

 【北京・赤間清広】中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・最高財務責任者(CFO)がカナダ司法当局に拘束されたことが5日、明らかになった。同社が米国の対イラン制裁に違反した容疑で米政府が要請したという。米中の貿易戦争緩和に向けた通商協議の本格化を前に、大きな火種が投げ込まれた形だ。

 米メディアによると、孟氏が拘束されたのは今月1日。身柄は今後、米国に引き渡される可能性がある。ファーウェイはただちに声明を発表し、孟氏の拘束を確認するとともに「いかなる不正もない。ファーウェイは事業を行う国と地域のすべての法規制を順守している」と反論。在カナダ中国大使館も「深刻な人権侵害に反対し、強く抗議する」と援護した。

 中国外務省の耿爽副報道局長は6日の定例記者会見で、政府としてもカナダ、米国両国に孟氏の即時釈放を求…

この記事は有料記事です。

残り974文字(全文1335文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  5. クローズアップ 日韓軍事情報協定破棄 対話不発 韓国見切り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです