メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

「ゴーン事件」高額報酬問題にあらず=経営共創基盤CEO・冨山和彦

 日産のゴーン前会長の逮捕劇。強欲な外国人経営者が日産を食い物にしてきたというトーンの報道が続いている。

 1999年、まるごと消滅する寸前の日産を救ったのは、ルノーが出した6400億円の金と、それを有効に使って迅速にリストラを敢行し、成長軌道に戻したゴーン前会長の経営手腕である。もちろん現場力、技術力があったから可能な復活劇だが、裏返せばそれまでの日本人経営者たちが食い物うんぬん以前の無能だったということ。

 本件、ゴーン前会長が正々堂々と全報酬を開示していれば何の問題もなかった。開示の義務化は2010年以降であり、厳しいリストラ期から10年以上が経過し、日産が再成長軌道に乗ってから。あの程度の高額報酬が組織の士気を低下させるような段階ではない。10億円と20億円の違いなんて普通のサラリーマン的にはぴんとこないし、この国には外国人の高額報酬には寛容な空気もある。

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 武田真治、インフルエンザ感染 ミュージカル『パレード』当面休演

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 「分断」につけこむロシアの情報戦 小泉悠氏が警告する日本の「甘さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです