メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

「ゴーン事件」高額報酬問題にあらず=経営共創基盤CEO・冨山和彦

 日産のゴーン前会長の逮捕劇。強欲な外国人経営者が日産を食い物にしてきたというトーンの報道が続いている。

 1999年、まるごと消滅する寸前の日産を救ったのは、ルノーが出した6400億円の金と、それを有効に使って迅速にリストラを敢行し、成長軌道に戻したゴーン前会長の経営手腕である。もちろん現場力、技術力があったから可能な復活劇だが、裏返せばそれまでの日本人経営者たちが食い物うんぬん以前の無能だったということ。

 本件、ゴーン前会長が正々堂々と全報酬を開示していれば何の問題もなかった。開示の義務化は2010年以…

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文716文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  3. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ
  4. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  5. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです