メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

「ゴーン事件」高額報酬問題にあらず=経営共創基盤CEO・冨山和彦

 日産のゴーン前会長の逮捕劇。強欲な外国人経営者が日産を食い物にしてきたというトーンの報道が続いている。

 1999年、まるごと消滅する寸前の日産を救ったのは、ルノーが出した6400億円の金と、それを有効に使って迅速にリストラを敢行し、成長軌道に戻したゴーン前会長の経営手腕である。もちろん現場力、技術力があったから可能な復活劇だが、裏返せばそれまでの日本人経営者たちが食い物うんぬん以前の無能だったということ。

 本件、ゴーン前会長が正々堂々と全報酬を開示していれば何の問題もなかった。開示の義務化は2010年以…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ピエール瀧容疑者に薬物譲渡疑い、通訳業の女を逮捕
  2. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  3. 紀平猛追及ばず4位 ザギトワが優勝 フィギュア世界選手権
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. 「王子様」改名 キラキラネームなぜ? 鎌倉時代でも問題視

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです