メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成の記憶

記者の記録 平成のライフスタイル 生活選べる時代に 人のつながり再び

 戦後の飢えや貧しさの記憶が鮮明だった昭和に比べ、初めからモノや情報にあふれていた平成ニッポン。ライフスタイルのあらゆる場面で「選べる時代」になったといえる。その一方で、私たちは多くなりすぎたモノや情報を持て余すようになり、断捨離(だんしゃり)やデトックス、ミニマリストといったモノを減らす、持たない暮らしが注目されるようにさえなった。

この記事は有料記事です。

残り3055文字(全文3223文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです