メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成の記憶

記者の記録 平成のライフスタイル 生活選べる時代に 人のつながり再び

 戦後の飢えや貧しさの記憶が鮮明だった昭和に比べ、初めからモノや情報にあふれていた平成ニッポン。ライフスタイルのあらゆる場面で「選べる時代」になったといえる。その一方で、私たちは多くなりすぎたモノや情報を持て余すようになり、断捨離(だんしゃり)やデトックス、ミニマリストといったモノを減らす、持たない暮らしが注目されるようにさえなった。

この記事は有料記事です。

残り3055文字(全文3223文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペイペイ、「100億円あげちゃうキャンペーン」を13日で終了
  2. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  3. 客や取引先から過剰なクレーム…広がる「カスタマーハラスメント」
  4. QRコード決済 ソフトバンク系ペイペイ、「奪首」へ100億円還元 競争激化
  5. はやぶさ2 リュウグウの新画像公開 小型探査ロボが撮影

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです