メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外藤井七段、公式戦100勝達成
水道法改正

自治体に波紋 経費削減期待/値上げ懸念

 老朽化、少子化、財政難が重なり自治体のコスト負担が年々増える水道事業。その運営改善を目指すとする水道法改正が実現した。事業認可を自治体に残したまま民間に委託する「コンセッション方式」が促進される内容で、賛否をめぐり議論が続く各地の自治体でさまざまな波紋が広がった。

 「将来の日本にとって意義がある。宮城が日本のモデルを作りたい」。宮城県の村井嘉浩知事はそう語った。2021年度には、上・下水道と工業用水の運営権を一体で民間に委ねる検討を進めており、20年間で335億~546億円の経費削減を見込む。

 大阪市では、広域化や民営化を進める市の議案が市議会で否決や廃案となり、議論が振り出しに戻っていたが…

この記事は有料記事です。

残り918文字(全文1219文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  2. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  3. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査
  4. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
  5. ORICON NEWS 『本当に住みやすい街2019』大賞に赤羽 シニア編は大泉学園がグランプリ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです