メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 羽生善治竜王-阿久津主税八段 第24局の3

阿久津の計算

 [後]6五桂(図)と跳躍した阿久津は、しばらく主導権を握った。[後]7五歩の突き捨てに[先]6六歩は[後]7六歩[先]6五歩[後]同銀。先手は桂得だが、羽生は「まとめづらい」と自信のない様子。

 [後]4四角が阿久津の期待した一打だった。[後]4四歩の保留は、この角打ちの余地を残すためだったのだ。以下8筋の歩交換が行われた局面で、羽生の手が止まった。

 [後]8六同飛に、頭を低くして[先]8八歩と埋める手は有力。角のラインにも強く、部分的には手堅い受…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文570文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  2. 日産3社連合 不当干渉あればルノー株… 鍵握る基本協定
  3. スプレー缶「ガス抜きせず」廃棄呼びかけ 事業系に求められる「ガス抜き」
  4. 日産、ルノーがトップ会談か オランダで
  5. 札幌爆発 パニックの中、床抜け落ち助かる 間一髪の様子を客らが証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです