メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

本庶さん受賞会見 2050年、がん抑制可能

カロリンスカ研究所での公式記者会見で笑顔を見せる、ノーベル医学生理学賞に決まった本庶佑・京都大特別教授=ストックホルムで6日、共同

 【ストックホルム共同】ノーベル医学生理学賞に決まった本庶佑(ほんじょたすく)・京都大特別教授(76)が6日午後(日本時間6日夜)、ストックホルムのカロリンスカ研究所での公式記者会見で「2050年までにはほとんどのがんが免疫療法で治療できるようになる」と展望を語った。

 会見には共同受賞者のジェームズ・アリソン米テキサス大教授も同席。2人がそれぞれ開発に関わったがん治療薬の併用などで効果が上がるこ…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文498文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  2. 雑居ビルで爆発 42人負傷 ガス爆発の可能性も 札幌市
  3. 札幌の飲食店付近で爆発 けが人10人以上か 札幌市
  4. 札幌飲食店付近で爆発 店「跡形もなく」 消防員近づかないよう呼びかけ
  5. 爆発 マンション駐車場で車大破 1人けが 大阪・東淀川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです