メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
くらしナビ・ライフスタイル

変わる食物アレルギー対応/上 お代わりは全員「対応食」

アレルギーのある子ども用の給食が完成し、指さし確認する岸町保育園の調理員。さいたま市内の認可保育所ではこうした指さし確認を徹底しているという

 乳製品にアレルギーを持つ東京都調布市の小学生が、給食でひとかけらのチヂミを食べて亡くなった事故から今月で6年。再発防止のために学校はどう変わり、治療はどこまで進んだのか。食物アレルギーへの対応の現状を探った。

 ●指さし確認し徹底

 さいたま市浦和区にある岸町保育園の調理室の朝は、食物アレルギー対応の確認から始まる。対応が必要なのは全児童150人のうち10人。0歳児以外の全クラスにいて、内容は卵▽乳製品▽卵と乳製品▽卵と大豆▽小麦と乳製品--とバラバラだ。確認作業は前日にも行うが、毎日出勤しないパート調理員もいるため、同じ内容を繰り返す。

 調理中は「除去食取ります」と声を出し、調理後は作った人とは別の調理員と「1歳クラス、〓〓ちゃんはパ…

この記事は有料記事です。

残り2273文字(全文2594文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. G20会場近くに煙玉 元大阪府警巡査部長を偽計業務妨害容疑で逮捕

  2. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  3. ORICON NEWS 話題の漫画『死役所』、テレ東で初映像化 シ村役は松岡昌宏「ある種新しい境地」

  4. 磯部温泉 安中市、「恋人の聖地」に 「結び処」を設置、カップル呼び込め /群馬

  5. オアシスのとんぼ 輸出規制に反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです