メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

共生のために

外国人就労を考える ブローカー規制強化を 外国人の労働問題などに関わる弁護士・指宿昭一さん(57)

 現在の政府案は外国人労働者について戦略的構想がなく、在留資格の創設など小手先の対策にとどまっている。特にブローカー(仲介業者)の規制が不十分だ。「外国人労働者基本法」のような移民政策をきちんと作らない限り、海外からやって来る労働者が使い捨てにされる恐れがある。

 技能実習生は送り出し国でブローカーから手数料名目などとして多額の費用を取られている。

 例えばベトナムでは100万円もの手数料を取られ、借金を抱えて日本に来る例もある。ベトナム政府は3年…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  2. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  3. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  4. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  5. デサント TOB「反対」1000人超署名 従業員の約3割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです