メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

共生のために

外国人就労を考える ブローカー規制強化を 外国人の労働問題などに関わる弁護士・指宿昭一さん(57)

 現在の政府案は外国人労働者について戦略的構想がなく、在留資格の創設など小手先の対策にとどまっている。特にブローカー(仲介業者)の規制が不十分だ。「外国人労働者基本法」のような移民政策をきちんと作らない限り、海外からやって来る労働者が使い捨てにされる恐れがある。

 技能実習生は送り出し国でブローカーから手数料名目などとして多額の費用を取られている。

 例えばベトナムでは100万円もの手数料を取られ、借金を抱えて日本に来る例もある。ベトナム政府は3年…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文577文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  3. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです