米軍機墜落

乗員1人の死亡確認 5人なお不明

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
捜索活動をする海上保安庁の船と米軍の航空機=高知県・室戸岬の南東約110キロ沖で2018年12月6日午後1時半、本社機「希望」から大西達也撮影
捜索活動をする海上保安庁の船と米軍の航空機=高知県・室戸岬の南東約110キロ沖で2018年12月6日午後1時半、本社機「希望」から大西達也撮影

 6日午前1時40分ごろ、高知県・室戸岬の南南東約100キロの上空で、米海兵隊岩国基地(山口県岩国市)所属のFA18戦闘攻撃機とKC130空中給油機が訓練中に接触し、海上に墜落した。乗員2人が自衛隊に救助されたが、米軍によるとこのうち1人の死亡が確認された。残る5人の行方が分かっておらず、米軍や自衛隊、海上保安庁が捜索を続けている。岩国基地のFA18は先月も那覇市沖で墜落しており、地元自治体からは安全管理の徹底を求める声が上がっている。

 防衛省は6日、在日米軍に安全への配慮や情報提供を改めて申し入れた。岩屋毅防衛相は記者団に「事故は遺憾だと思っているが、まずは捜索、救助に全力を挙げる。事故の詳細が分かれば適切に対応したい」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文711文字)

あわせて読みたい

注目の特集