メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雑記帳

全盲の囲碁アマチュア四段で…

生徒たちに囲碁の石の取り方を教える柿島光晴さん(左)=福島市森合町の福島県立視覚支援学校で2018年12月6日午後1時19分、宮崎稔樹撮影

 全盲の囲碁アマチュア四段で、日本視覚障害者囲碁協会の代表理事、柿島光晴さん(41)が6日、福島県立視覚支援学校(福島市)を訪れ、生徒たちに囲碁のルールや魅力を伝えた。

 使われた碁石と碁盤は特別製で、黒石の表面にある突起で白石と区別。盤は立体的な格子状で、石の裏に刻まれた溝をはめて石を固定できる。触…

この記事は有料記事です。

残り126文字(全文276文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. 望月がジュニア世界1位 現行制度下では日本勢初
  5. ガンダム 「0080」のNT-1のガンプラがクリアカラーに 内部フレームが見える アーマー着脱も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです