メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

教科書に載る仕事を 「父」の言葉、今も胸に 本庶さん一番弟子・松田さん

 ノーベル医学生理学賞を受賞する本庶佑・京都大特別教授は10日(日本時間11日未明)、スウェーデン・ストックホルムで授賞式と恒例の晩さん会に臨む。最古参の弟子の一人で、本庶さんを「父のような存在」と慕う松田文彦・京大ゲノム医学センター長(58)は、時に厳しい口調で研究チームを率いた本庶さんの言葉を今も胸に刻んでいる。

 松田さんは1983年、京大理学部で数学を学んだ後、大阪大大学院医学研究科へ進んだ。同級生に勧められ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. 元徴用工訴訟 日本じらされ「法的措置」 政府間協議要請 外交問題化、誤算
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです