メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

「紙刺しゅう」作ってほっこり 縫いも準備も簡単「男性もぜひ」 育む自主性、幼児教育でも

スヌーピーのクリスマスオーナメント=KADOKAWA提供

 紙に刺しゅう糸の温かみが加わる「紙刺しゅう」。刺しゅう作家の川畑杏奈さんは「紙刺しゅうは布のような難しいステッチはなく、簡単。子供も男性も、針と糸を持つきっかけにしてもらえたらうれしい」と話す。これからの季節、クリスマスカードやぽち袋などを作って贈るのもいい。川畑さんに紙刺しゅうの作り方を教わった。【御園生枝里】

 紙刺しゅうは、紙に書いた図案に、均等に穴を開け、刺しゅう糸を通した針を刺していき、模様を描く。画用紙はもちろん、メッセージカードやノートの表紙、写真にも刺すことができる。

この記事は有料記事です。

残り1069文字(全文1313文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 現職の吉村美栄子氏が4選 自公推薦の新人破る 山形県知事選

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです