メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海キャンパる・今ドキッ!?大学生

在名古屋米国領事館 ゲーリー・シェイファー首席領事に聞く チャンス、必ず回ってくる

「英語で遊ぼう」の発想が大切

 在名古屋米国領事館で昨年から首席領事を務めるゲーリー・シェイファー氏(50)は、外交官として各国を渡り歩いてきただけでなく、ジャーナリストや岐阜県の中学でのALT(外国語指導助手)などさまざまな経歴を持つ。東海キャンパる編集部は、そんな現役外交官にインタビュー。キャリアの軌跡や語学の習得法について質問をぶつけた。

この記事は有料記事です。

残り2265文字(全文2437文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  2. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  3. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  4. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  5. デサント TOB「反対」1000人超署名 従業員の約3割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです