メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道地震

3カ月 全避難所を閉鎖 被災者「全国の支援に感謝」

 9月6日未明に発生した最大震度7の北海道胆振(いぶり)東部地震から3カ月となった6日、厚真町の2避難所で過ごしていた7世帯15人全員が仮設住宅に移った。この地震で道内各地に設けられた避難所は、寮が被災した高校生向けの1カ所を除いてすべて閉鎖された。

 町総合福祉センターでは4世帯8人が最後の夕食を済ませ、午後7時ごろに運営担当者にお礼を述べて施設を後にした。夫婦2人で3カ月間避難所生活をしてきた幌内地区の農業、小納谷(こなや)守さん(69)は「ほっとしたが、同じ地区の住民同士だったので名残惜しい面もある。全国の皆さんの支援に心から感謝したい」と語った。

 この地震では北海道のほぼ全域が停電するブラックアウトも発生し、全道で最大1万6649人が避難。厚真…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです