いずも空母化、与党了承足踏み 公明が難色

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
海上自衛隊のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」=本社ヘリから
海上自衛隊のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」=本社ヘリから

 海上自衛隊の「いずも」型護衛艦の事実上の「空母化」を巡り、政府が年内に決定する新しい防衛計画の大綱(防衛大綱)に関する自民、公明両党の与党ワーキングチーム(WT)の協議の足踏みが続いている。過去に政府が国会答弁で保有を否定した「攻撃型空母」との違いについて、公明党が「国会論戦に耐えられる説明を」と要求し、7日のWTでも了承が見送られた。

 自民党は改修後は「多用途運用母艦」と呼ぶよう政府に提言していたが、公明党が「母艦」の表現に難色を示し、5日のWTでは「護衛艦」の呼称を維持することで合意した。ただ、「専守防衛の範囲」を巡る協議が長引き、7日も「政府側の説明は十分でない」(小野寺五典前防衛相)として了承が見送られた。

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文587文字)

あわせて読みたい

注目の特集