メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北方領土の現状「知っている」65% 内閣府調査

 内閣府は7日、北方領土問題に関する世論調査の結果を発表した。北方領土について「ロシアが法的根拠なく占拠し続けている現状を知っているか」との問いに、「よく知っている」「ある程度知っている」との回答は計65.5%だった。男性75.7%、女性55.8%で、年代別では50代、60代、70歳以上で70%前後に上る一方、18~29歳は55.1%にとどまった。

     問題を知った経緯(複数回答)を聞くと「テレビ・ラジオ」が88.4%と最多。「SNS」は全体では4.3%だったが、18~29歳では13.4%に上った。

     前回2013年の設問は「日露間に北方領土問題があることを知っているか」だったが、「戦争を体験していない層が増えている」(内閣府)とし、今回から日本側の認識を説明する記述に変えた。

     調査は08年以降、5年ごとに実施。今年10月、18歳以上の3000人に個別に面接し、1663人が回答した。回答率は55.4%。【川辺和将】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 西川貴教 登美丘高校「HOT LIMIT」動画に喜びも「もっと早かったら…」とボヤキ
    2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
    3. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
    4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
    5. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです