入管法、与党内でも「生煮え」懸念

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
参院本会議で協議する立憲民主党の白真勲氏(右から3人目)ら与野党の理事=国会内で2018年12月7日午前10時49分、藤井達也撮影
参院本会議で協議する立憲民主党の白真勲氏(右から3人目)ら与野党の理事=国会内で2018年12月7日午前10時49分、藤井達也撮影

 入管法改正案に関し、成立を急ぐ与党内でも野党と同様に「生煮え」を懸念する声がくすぶっている。

 公明党の斉藤鉄夫幹事長は7日の記者会見で「各国との優秀な若い人材の奪い合いの中で、法制度をきちんとする必要がある」と述べ、人手不足に対応する意義を強調した。与党は経済界や地方にアピールしたい考えだ。

 ただ、成立後に政令や省令で決める事項が多いことへの異論は自民党内でも強い。…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文463文字)

あわせて読みたい

ニュース特集