メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

入管法、与党内でも「生煮え」懸念

参院本会議で協議する立憲民主党の白真勲氏(右から3人目)ら与野党の理事=国会内で2018年12月7日午前10時49分、藤井達也撮影

 入管法改正案に関し、成立を急ぐ与党内でも野党と同様に「生煮え」を懸念する声がくすぶっている。

 公明党の斉藤鉄夫幹事長は7日の記者会見で「各国との優秀な若い人材の奪い合いの中で、法制度をきちんとする必要がある」と述べ、人手不足に対応する意義を強調した。与党は経済界や地方にアピールしたい考えだ。

 ただ、成立後に政令や省令で決める事項が多いことへの異論は自民党内でも強い。…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文463文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  3. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  4. ムシに学んだ高精細印刷 インキ不要、安価に発色 京大グループ開発
  5. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです