メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NY株続落、79ドル安 貿易摩擦懸念が重しに

 6日のニューヨーク証券取引所(AP=共同)

 休場明け6日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は米中貿易摩擦の激化への懸念が重しとなって続落し、休場前の4日と比べ79.40ドル安の2万4947.67ドルで取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は29.83ポイント高の7188.26。

     午前は、中国の華為技術(ファーウェイ)幹部の拘束を受けて米中貿易摩擦の再燃に対する懸念が強まり、リスクを避けるための売り注文が膨らんだ。下げ幅は一時800ドルに迫った。

     午後には、米連邦準備制度理事会が来年以降の利上げペースを落とすとの観測が広がり、買い戻しで下げ幅を急速に縮めた。(共同)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
    2. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
    3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE
    4. 女性遺体を福島に遺棄容疑、27歳男逮捕 警視庁
    5. 元駐日仏大使「国際社会で日本が信頼失う事態に」 ゴーン前会長逮捕に強い不快感

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです